1. HOME
  2. 私たちの取り組み
木質チップの安定供給に向けた増産体制|飯森木材株式会社

業界のトップリーダーを目指して、平成7年、環境事業部を設立。

平成24年7月に制定された再生可能エネルギー電力固定価格買取制度(FIT)は、日本の木質系資源リサイクル、バイオマス発電の事業環境に大きな転機をもたらしました。弊社は早くから、循環型社会形成の重要性を認識し、平成7年には環境事業部を立ち上げるなど、今日まで木質系資源の100%再資源化に向けて、業界のトップリーダーにならんと邁進してきました。

平成18年、国内初の木質チップ専焼発電所設立に関わる。

当初は再資源化を行った木質チップは主に堆肥として活用していましたが、平成18年には山口県岩国市に計画された国内初の木質チップ専焼発電所設立に関わり、木質系バイオマス発電の可能性を見出だしました。そして、現在まで燃料の安定供給を担う他、運営においても中心的役割を果たしています。平成21年には、これまでの経験を基に林業事業者との共同出資により「木質バイオマス発電」の事業運営やコンサルティングを手掛ける会社を設立するなど、一貫して木質バイオマス発電の普及に努めてきました。

平成24年、FIT導入後
初の木質バイオマス発電所「グリーン発電会津」建設に
活かされた弊社のノウハウ。

平成24年のFIT導入は、未利用材のエネルギー利用を可能とし、課題であった安定供給の道を大きく開きました。この制度導入後、全国で最初にFITの承認を得て、木質バイオマス発電所「グリーン発電会津」が建設されましたが、この建設においても、弊社が永年にわたり構築してきたノウハウが大きな役割を果たしました。この建設は「会津モデル」と呼称され、現在の各地で木質バイオマス発電所が多数、稼働・計画される動向につながっています。

バイオマス発電がもたらす
森林林業再生、地域社会の再構築。

FITの導入は森林林業再生、地域社会の再構築などの道も大きく開きました。弊社は社名に見られますように、元来林業を営んできた企業です。先代からは「最も美しい森林は、また最も収穫多き森林である」との教えを受け継いでまいりました。しかし、近年の林業経営は採算性が乏しく、間伐や伐採後の植林が適切に行われず、森林の荒廃が進行しています。このような現状を林業従事者は命を削られるような思いで見守っていましたが、この度のFIT導入は林業の採算性の向上を促し、豊かな森林の再生を図る契機となるものです。

持続可能な森林づくりを見据えて、
苗木育成事業をスタートさせる。

日本は林業の長い低迷期を甘受したため、バイオマス発電が必要とする木質燃料は多く存在しますが、将来に渡って持続可能な安定供給を図るためには、苗木の供給は不可欠です。しかし、苗木の生産量は減少の一途を辿っているのが実情です。弊社ではこの現状を改善し、「持続可能な森林づくり」を見据えて自社農場における苗木育成事業をスタートさせました。私たちはこれからも、豊かな森に感謝し、地域社会との密接な関係を築きながら、森林の再生と電力安定供給の両立を目指し、更なる努力を行っていく所存です。今後ともご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。