1. HOME
  2. 木質チップの生産

木質チップの安定供給に向けた増産体制

木質チップの安定供給に向けた増産体制|飯森木材株式会社

発電用木質チップの需要拡大に伴い、安定供給に向けて増産システムを確立しています。

平成6年、全国に先駆け、移動式木材破砕機ウッドリサイクラーを導入。

世界規模で地球環境保全の動きが高まる中、弊社は平成6年全国に先駆け木質系廃材の100%再資源化に向けて、移動式木材破砕機ウッドリサイクラーを導入しました。この移動式大型破砕機は、各種木材を現場にて瞬時に破砕・チップ化が図れる画期的な機械で、積載や運搬にかかるコストの低減化を可能にしました。この導入以来、今日まで堅固なリサイクルシステムの構築に向けて研鑽を続け、現在では当初の肥料中心の再資源化から、発電用バイオマスエネルギーとして電力会社への供給を担うまでに成長しました。

世界最高レベルの処理能力を持つ破砕機導入や工場新設などの設備拡充でさらなる安定供給へ。

平成22年には発電用木質チップの需要増大に伴い、更なる安定供給を図るべく、1時間あたり100トンという世界最高レベルの処理能力を持つ破砕機を導入。平成27年には森林バイオマスセンター下関工場を新規開設するなど、着々と事業環境の強化に努めています。私たちはこれからも未来を見据え、業界のトップランナーとしての自負を持って、時代のニーズに対応できるリサイクルシステムを確立してまいります。
ウッドリサイクラーを使用した作業工程|1.伐採・集積|2.現場にて即座に破砕|3.破砕した木材を選別機に移送|4.破砕と選別の一体化|5.チップの選別|6.商品として再生されたチップ

再利用される木材

  • ●造成工事に伴う伐採作業にて発生する木廃材
  • ●間伐によって発生する間伐材
  • ●造園・剪定作業時に発生する木廃材
  • ●建築物の建立または解体時に発生する木廃材
  • ●その他の作業時に発生する木廃材
  • ●未利用のまま山林に放置されている林地残材
間伐材や伐採材などの未利用のまま放置されている木材

間伐材や伐採材などの未利用のまま放置されている木材

造成工事などで発生する根株などの木廃材

造成工事などで発生する根株などの木廃材

街路樹や公園等の剪定で発生する木廃材

街路樹や公園等の剪定で発生する木廃材

建築現場で発生する家屋の木廃材

建築現場で発生する家屋の木廃材